株式会社オアシス・イラボレーション

MENU

オアシスの技術

当社の掲げている「安全第一」は、従業員・協力業者はもとより、第三者に対する労働災害等を防ぐために、安全衛生に対して意識向上を図るものであり、無事故無災害を追求できるよう努力を続けています。

大事にしているポイントPoints

POINT 1

KYKや自社パトロールなどの実施

工事現場での安全意識を向上させるため、各現場でのKYK(危険予知活動)や、安全管理者等による自社パトロールなどを実施しています。
また、安全管理だけではなく、「現場内美化」「一仕事一片付け」など、衛生管理などについても重視しており、美化意識の高い現場づくりを目指しています。

POINT 2

安全衛生協議会の実施などによる従業員教育の徹底

月1度の安全衛生協議会や、週1度の社内工程会を実施することにより、全従業員や協力業者の安全衛生教育に尽力しています。
そのほかにも、自社での特別教育や、防災訓練などを繰り返し実施し、全従業員の安全衛生に対する意識の統一化を図っています。

POINT 3

国際規格にもとづいた安全・衛生の確保

私たちは、当社業務の安全性等を確保するため、国際規格である「OHSAS18001」「ISO9001」を取得しております。
この規格を役員・従業員全員が共有することにより、当社業務における安全・衛生の品質の確保を図り、労働災害の発生や、経営リスクを軽減することが可能となります。
また、ISO22301により、大災害発生時においても、事業継続できる体制を築き、皆様にサービスを提供できる仕組みづくりを行っております。

OHSAS18001 (労働安全衛生マネジメントシステム)

世界的に最も多く採用されている労働安全衛生マネジメントシステム

  • 労働安全衛生リスクの低減がなされているか、起こりうる危険を組織自らが見出す仕組みが構築されているか
  • 組織の目的を果たす仕組みとして、Plan(計画)/Do(実施)/Check(点検)/Act(改善)サイクルが機能し、労働安全衛生マネジメントシステムが継続的に改善されているか
  • 日常業務の中で労働安全衛生管理が継続的に行われているか、”慣れ”に潜むリスクを認識し、継続的に改善されているか
ISO 22301(事業継続マネジメントシステム)

大災害に備えた、経営組織を構築するためのマネジメントシステム

  • 地震など、大規模な自然災害の発生し、事業遂行が不可能な状況に陥らないよう、災害に対する事前対策及び、被災の軽減を図り、従業員雇用及び事業継続を可能とする。
ISO 9001 (品質マネジメントシステム)

解体工事に関する様々な品質を維持するためのマネジメントシステム

  • 私たちが施工する解体工事について、その安全衛生など総合的な品質の確保を目指します。
  • 私たちが提供する解体工事等のサービスの品質を確保することにより、顧客満足を向上させていきます。
  • オアシスの解体工事×超大型重機
  • オアシスの提案
  • オアシスの技術
  • オアシスの安全衛生
  • オアシスの環境対策